水田典寿 展

2019

拾い上げた廃材や流木と対峙し、
‘‘見えてきたもの”を形にする。

そうして出来上がった家具や彫刻を配置し、
自分の中にある景色に近づけていく。

その過程はずっと変わらず、けれども回を重ねる
ごとに深度を増していく。
この期間、この場所にしか現れない情景。

「Gallery SU オーナーの山内さんの書いて下さった紹介文より」