blog

個展情報

2019.11.05

「・・・のようなもの」

壊れた家具、拾った鉄くず、流木の板、取り壊された家の建材
などの古い材料を使い「アンティーク」のような家具を作り、
流木や廃材を使い「鳥の亡骸」のような「動物」のような
造形物を作り、ベニヤの板切れに幾度となく塗装を重ね
それを剥がし、時には鉄板などを貼り付けて「絵」
のような「レリーフ」のようなものを作って壁に飾る。
それらのもので作りこまれた空間は見た人から
「博物館」のようだと言われる。
「 」の中のものにはなれない。
「本物」でも「偽物」でもない。「・・・のようなもの」
いつもその事を感じながら制作をしている。

水田典寿 展

2019年11月7日(木)-16日(土)
am 11:00-pm 7:00 (日曜休廊)

art space 繭
〒104-0031 東京都中央区京橋3-7-10
tel:03-3561-8225
http://www.artspace-mayu.com

comments (0)